スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌 報道通信社 現代画報 世界陸上のメインキャスター

俳優の織田裕二さんといえば、「キタ~!!」(古い?)以外には、世界陸上ってイメージありませんか?今年もやってくる8月の世界陸上には、やっぱり織田裕二さんとフリーアナウンサーの中井美穂さんが、メインのキャスターとして起用されたようです。TBSが独占中継する「世界陸上 韓国テグ」ですが、実はこの2人、TBSが世界陸上の中継を開始した1997年のアテネ大会から、8大会連続起用だとか。これからずっとこの二人でいいじゃないって、一瞬思っちゃいましたが、ダメなんでしょうか?

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

国際ジャーナル 報道ニッポン 日本人が安全と思っていた原子力神話

日本における原子力発電の政策は、これからどうなるのでしょうか。今まで日本
人が安全だと思っていた原子力発電所ですが、こういう事態になった以 上、新
しく原発を造るというのはもうできないかもしれません。若者を中心に自然エネ
ルギーや脱大量消費への関心が高まっていると聞きます。原発に ついての自民
党の責任というものを、重く考える必要もあると言えるでしょう。今までをしっ
かり振り返るということは、自民党にとって必要なことか もしれません。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社
国際ジャーナル

国際通信社 国際ジャーナルとは 韓国が懸念する東アジア情勢

北朝鮮の食糧事情を巡って、今現在は国際社会ではどのような状況になっている
のか気になるところです。今年の3月に、国連のWFP、いわゆる世界 食糧計
画が北朝鮮で行った調査を基に、43万トンの食糧支援を呼びかけているそうで
す。これについて韓国はどのように反応するのでしょうか。韓国 政府として
は、去年の哨戒艦沈没事件などに対する北朝鮮の謝罪がないかぎり、一定規模の
支援には応じられないという立場をとっていると考えられて います。



国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
報道通信社

太陽光発電 国際ジャーナル 電力 出会い系サイトから55歳がストーカー

女性に嫌がらせの電話を繰り返しかけたとして、熊本県天草市の印刷業

植村正志容疑者がストーカー規制法違反の疑いで逮捕されました。

2人は昨年11月、出会い系サイトで知り合い、一度も会ったことはない

そうで、電話やメールのやりとりだけだそう。



しかし女性は自分の写真を送り、その後、また写真を要求された。

電話の着信を拒否をしていたそうですが、勤務先に電話をかけてきて、

怖くなり警察に通報。



出会い系サイトで知り合っただけの男性に、個人情報御を教えてしまう

女性にも、問題があるのではないでしょうか。




国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナル
現代画報

節電対策 国際通信社 一番の年よりおばあちゃんは114歳!

日本は長寿国として有名だったけれど、放射能の影響で長寿国を続けるのは無理そうですよね~。そんな中、なんとギネスによれば5月18日時点で世界最高齢のお年寄りは、ブラジル人のおばあちゃんで、114才なんだそうですよ~!どんだけ!!ちなみにこのおばあさん、

マリア・ゴメス・バレンティンさんは、1896年にブラジルのカランゴラで産まれ、アメリカジョージア州出身のベス・クーパーさんより48日間早く生まれていたことが確認されたとかで、114歳(二人もいるのか!)で一番年取ったおばあちゃんに認定されたようですね。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナルのビジネスパーソン サラリーマン川柳

今年も開催されたサラリーマン川柳、みなさんご覧になりましたかっ!?ググってみると、すぐに見ることができますが、中でもトップ10の川柳は本当に噴き出して笑ってしまうようなものが多かったですよ!私的には、トップ10に入ったもののうちでは「クレームも、社員じゃわからんパート出せ」「指舐めて、ページをめくる、ipad」が笑えました!奥さんをスカイツリーにたとえているものもあり、なんだか家の中の権力図が目に見えるようで笑っちゃいました。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン

月刊国際ジャーナルの取材で ライセンス藤原が収録中に怪我で全治6カ月

テレビ東京のバラエティー番組の収録中、番組のゲストとして出演した

ライセンスの藤原一裕さんですが、

オリジナルのスポーツゲーム中にジャンプし、着地した際、左膝を打ち、

靱帯損で全治6カ月の怪我をしたそうです。



お笑いの人ならば、何でもやってくれるとでも思っているのでしょうか?



お笑いの人が収録中に怪我をするという話をよく聞きますが、これほど

までの怪我をさせてしまうとは、もう少し番組内容を吟味するべきでは

ないでしょうか。


ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道ニッポン
現代画報社

月刊国際ジャーナルの取材で グランドが芝生化してきているとは!

報道ニッポン 2011年5月号で「グラウンド芝生化が示す子どものための社会の在り
方」

という記事を目にしました。



近年、園庭やグラウンドに芝生を導入する保育園・幼稚園・小中学校が増えてきてい


そうです。



どうして芝生がいいのでしょうか?

管理も大変ですよね、まさか子どもが生活する場所で、農薬は使いませんよね?



芝生を敷き詰めても、きちんと運動のできる場所は確保してあるのであれば、問題は
ない

とは思いますが、グラウンドは休憩するところではありません。

大学のキャンパスになる必要はないと思います。




報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社
現代画報

報道ニッポンの取材 パン製品の値上げ

製パン最大手の山崎製パンは5月17日に、7月1日の出荷分からパン製品と一部の
輪洋菓子の価格を平均で5パーセント引き上げるということを発表したそうです。
値上げは2008年5月以来約3年ぶりだということなのです。
理由は輸入小麦の政府売り渡し価格が今年の4月から昨年10月に比べて18パーセ
ントも引き上げられたそうなのです。
このほかにも砂糖や卵、油脂類などその他の原材料価格も相次いで上昇していると
いうこともあるようです。
私たちの生活に影響が出てくるような記事が新聞に載っていました。
食べ物というのは生きていくうえで必要なものなので、それが値上げという話題を
聞くと非常につらい思いがします。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社

月刊誌現代画報から 殺虫剤を飲んだ女性2人

新聞に載っていた記事なのですが5月15日の夕方に、埼玉県の70代女性から
119番通報があったそうです。内容は「お茶を飲んだ人が気分が悪いと訴えている」
というものでした。
消防隊員が駆けつけると、通報した女性と友人の70代女性が居間で倒れていたそう
なのです。2人とも病院に運ばれたそうですが、友人の女性は意識不明の重体、そして
通報した女性は意識はあるものの重症だそうです。
警察によると、居間のテーブルには市販のお茶のラベルがついたペットボトルが置かれ
ていたそうですが、中には黄色い殺虫剤が入っていたというのです。
私は大変驚きました。なぜ、このようなことがおきたのでしょうか。新聞には「お茶
と間違えて飲んだとみて調べている」と書かれていましたが、お茶のラベルがついて
いたというのが私には不思議でなりません。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際通信社
国際ジャーナル

月刊誌国際ジャーナルの国際通信社 内田裕也さんが逮捕

私は外出先で知ったニュースなのですが、ロック歌手の内田裕也さんが
強要未遂と住居侵入の疑いで警視庁原宿署に逮捕されたというのです。
大変驚きました。
この逮捕を受けて、奥様で女優の樹木希林さんが都内の自宅で記者会見を
したのです。「今回逮捕してもらって逆にありがたかった」と話したのです。
この様子はテレビの情報番組でも放送されていました。
謝罪や弁明は内田裕也さん自身にさせるというスタンスを明らかにしました。
そして今回の逮捕で離婚をするつもりは毛頭ないともしたのです。
とても寛大な奥様だと思いました。
今後、どのような展開になっていくのでしょうか。またテレビや新聞で
報じられるかもしれませんね。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル
現代画報

報道通信社の報道ニッポン 話題騒然!内田裕也容疑者逮捕

内田裕也、本名内田雄也容疑者を、交際していた女性会社員を脅し、

復縁を迫ったなどとして、警視庁原宿署が強要未遂と住居侵入の

疑いで逮捕しました。
逮捕容疑は、女性宅郵便受けに脅迫めいた文章の投函、そして

女性宅に無断で侵入した疑いです。 



内田容疑者は、容疑を認めているそうです。



この逮捕で、現在流れている夫婦でのCMは、打ち切りになるの

でしょうね。

被災地の支援では、とても活躍をされていただけに、残念だと思う

方も多いのではないでしょうか。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道通信社
現代画報

ザヒューマンにて アナログおもちゃ

今、テレビの情報番組でも「節電」を心掛ける特集が取り上げられています。
この節電意識の高まりから、電気を使わない「アナログおもちゃ」の人気が高まって
いるのだそうです。例えば、ボードゲームだったり、トランプ、ジグソーパズルなど
だそうです。これは昭和時代に全盛期を迎えたおもちゃ達ですが、こういった物が
今、見直されているのだそうです。
現代の子供たちの遊ぶものといえば、テレビゲームなど、電気を必要とするものが
多いようにも思います。そういった中、電気を少しでも使わないようにしようと考え
た時に子供たちにも協力が必要になってくることでしょう。
ぜひ、この昭和時代に流行したおもちゃで家族全員が参加して遊んでみませんか?


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社
報道ニッポン

国際通信社の国際ジャーナルとは 一時帰宅

テレビの情報番組でも生中継で取り上げられていたのですが、
東京電力福島第1原発から半径20キロ県内で、立ち入りが禁止されている「警戒区域」内に
自宅がある人たちの一時帰宅が5月10日に始まったのです。
自宅での滞在時間は約2時間。たった2時間だと思うと悲しくなってきますが・・・。
そして持ち出し品は縦横約70センチのポリ袋1枚に入る分量に限定されたという
ことでした。
テレビで70センチのポリ袋を使って、家庭にある様々な物を試しに入れていました
が、本当にあっという間にいっぱいになってしまいます。
今まで住んできた我が家に短時間しかいれず、住民のみなさんもつらい思いをされて
いることでしょう。その様子を見ていると、心が痛みました。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
報道通信社
現代画報

国際通信社の国際ジャーナルとは 警戒区域に残されたペットたちの救出作戦

福島第1原発に関する報道は毎日のように取り上げられています。
先日は「一時帰宅」に関する報道が大きく取り上げられていました。
そして5月11日には半径20キロ県内の警戒区域に残されたペット
の「救出作戦」が始まったのだそうです。
立ち入り禁止から約3週間ぶりに福島市内の施設に安住のすみかを見つけた
ということですが、避難所生活の飼い主への受け渡しには時間がかかるそうです。
「動物」に関する記事が国際通信社から発行されている雑誌にも取り上げられて
いたように思いますが、ペットを家族同様にかわいがっている人が多かったはず
です。今頃、飼い主と離れて生活をしているペットたちは、どのように感じている
でしょうか。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナル
国際通信社

ザ・ヒューマン 経営者 東京電力、年金削減に退職者負担も検討

東京電力ですが、原発事故の損害賠償資金確保のため、企業年金削減措置

の検討をはじめました。

しかし、実現されるには社員3万6000人と1万人を超える退職者の方々、

各3分の2以上の同意が不可欠。



検討対象となっているのは、現役社員や退職者向けの確定給付年金で、

仮に確定給付年金の支給水準を1割引き下げれば、

最大1000億円の資産を取り崩せ、また、退職給付制度の維持に要するコスト

も年間100億円程度カットできるといわれています。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社
報道ニッポン

東京国際ジャーナル 話題沸騰、石原都知事がパチンコに再発言!

「パチンコ業界の経営者は、在日韓国・朝鮮人が多い」

「韓国では、パチンコは全廃された」



石原慎太郎都知事は「電気を浪費している」などとパチンコ業界を

批判をしていました。

それについて、節電の取り組みを行っているとパチンコ業は反論しましたが、

石原氏は「訳の分からない詭弁」だと、ビデオメッセージで再反論。



パチンコは「人間を怠惰にして、人生を狂わせる」、そして韓国では全廃された

ことを指摘し、繁華街の空き地にパチンコ店が開店することが、「誇るべき文明の

対応とは言えない」と断じました。



パチンコ・パチスロ、日本にはいりません!




日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
現代画報
報道通信社

国際通信社より 香取市の農家、制限期間中にホウレンソウを出荷

農家の方々の気持ちを考えるとわからないでもありませんが、

このようなことをされてしまうと、風評被害が拡大すしてしまう

のは確かですよね。

そして更に、食への信頼・信用がなくなります。



千葉県香取市の農家10戸から、規制値を超える放射性物質が検出

されたことによる出荷自粛・制限期間中にもかかわらず、

ホウレンソウを出荷していたそうです。



出荷された市場や農家などに、千葉県は回収を要請したそうですが、

もう遅いのではないでしょうか。


日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社

国際ジャーナルとは 食中毒で男の子が死亡

ある焼き肉チェーン店でユッケを食べた富山県、福井県の男の子2人が死亡したという
ニュースが報道されました。大変驚きました。
このチェーン店を経営するマネージャーがある新聞社の取材に「2年前に食肉卸売会社
から「ユッケ用に」と提案があり、加熱用の肉を提供してきた」と答えたそうです。
加熱用の肉をユッケ用として提供していたということなのです。
これも非常に驚きですね。今後、どのようなことになるのか分かりませんが、許されない
話ではないでしょうか。
「食」に関する記事が国際通信社から発行されている雑誌に様々な内容で載っていると
思いますが、食を提供する側が責任を持った対応をするのは常識だと思います。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナル・報道ニッポン 個人情報流出

新聞やテレビでも大きく報道されていましたが、ソニーのゲーム機「プレイステーション3」
と「プレイステーション・ポータブル」のネットワーク接続の不正アクセス事件がありました。
この事件で770万件にも及ぶ個人情報流出事件が起きたのです。
流出したと思われる個人情報は「氏名」「国と住所」「メールアドレス」「誕生日」「性別」
「プレイステーションネットワークのログインパスワード」「プレイステーションネットワーク
のオンラインID」だということで、個人情報のほぼ全てが流出したことになるようです。
私はいずれのゲーム機も持っていないのですが、どうして不正アクセスが起きてしまったのでしょう。
不正アクセスをどうして考えるのでしょうか。私にはまったく理解できません。


日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報社

国際ジャーナル・報道ニッポン 梅田に駅ウエ農園、話題のノースゲートビル

ノースゲートビルが4月4日にオープンしますね。

このビルは、商業施設やオフィスなどが入るJR大阪駅北側の新駅ビルとして、

総工費は2100億円をかけJR西日本が建設した巨大ターミナルです。



入店施設は、百貨店「JR大阪三越伊勢丹」で、ビル11階「サポートプラザ」では
旅行会社の窓口やコンビニエンスストア、保育施設が設置され、鉄道模型のジオラマ
などがあります。



そして14階には、ミニ農園「天空の農園」があり、ブドウやハーブなどが栽培され
るようですね。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル
国際通信社

ザ・ヒューマン 仮設住宅の建設状況について

岩手県釜石市では、市内で設置を予定している仮設住宅2010戸の応募状況を
初めて公表しています。ニュースによると応募者総数は3254人で平 均倍率
は1.6倍となっていましたが、28地区のうち3地区230戸で応募者数が戸
数を下回る定員割れの状況です。仮設住宅のある場所が、生活の 上で不便な場
所にあるというのが理由の様です。復興に向けて仮設住宅の建設が進んでいます
が、なかなか難しいところが、今後もありそうですね。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社
報道ニッポン

ザ・ヒューマン 話題の浜岡原発3号機、7月にも稼働

定期点検中の3号機の運転を7月にも再開することを前提とした、

2012年3月期の業績見通しを発表しました。



しかし地元の意向を尊重しながら原発3号機の稼働をはじめる、

とはおかしな話ですね。

活断層の真上にあると指摘された、中部電力の浜岡原発。



たぶん日本は、どこでもそのような場所が大半かもしれません。

「安全性は確保している」を理由に再開させるのは、いかがなものですか?



福島だけではなく、今まで事故をおこしている原発も「絶対に安全性です」を

うたい文句に、誘致してきたのではないでしょうか・・・



原発に安全はありえません!

訴えること自体、安全ではないと思っています。




報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル
現代画報

報道通信社 オセロの中島さんが一時休養

女性お笑いコンビのオセロ。テレビで大活躍されていると思います。
オセロの中島智子さんが一時休養することを4月25日に所属事務所が
発表したそうです。
中島さんは4月上旬ごろより体調不良が続いていたそうです。回復を
図っていたそうですが、その後も体調が思わしくないようです。
新聞記事に載っていた記事を読んだのですが、どのような原因かは
書かれていませんでした。今まで忙しい日を送っていたことだと
思いますので、この際ゆっくり休んでまた元気な中島さんがテレビで
見れることを祈ります。
最近、芸人さんの体調不良が話題になっていますね。芸人さんに限らず
今の時期、気温の変動で体調が崩れやすくなっているのではないでしょうか。
みなさんも気をつけてください。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
現代画報社
報道ニッポン
フリーエリア
プロフィール

手紙。。。

Author:手紙。。。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアa
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。