スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 長谷川穂積さんが現役続行

新聞に載っていた記事ですが、4月に世界ボクシング評議会フェザー級王座の初防衛
に失敗した、元世界2階級王者の長谷川穂積さんが、現役続行の意思を固めたそう
です。これは6月21日に分かったようです。
あるテレビ番組では「今後についてはまだ決めていない」というようなことを
話していたのを見たことがあるのですが、やはりまだまだボクシングで多くの人に
勇気と元気を与えていってほしいと私は思っていました。
長谷川さんのボクシングを見ていたら、不思議なことに勇気が沸きます。
これからもケガに十分気をつけていただいて頑張って欲しいですね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

月刊ザヒューマン Please Reply Soon !

Helo, Recipient.

This is a Text part of message.

Best regards, SuperCompany.

国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
国際通信社

国際ジャーナルはビジネス誌 O-157

新聞に載っていた記事ですが、三重県が6月19日に伊賀市の3歳の女の子が
病原性大腸菌O-157による腸管出血性大腸菌感染症に感染して亡くなったと
発表しました。
この時期、食中毒に気をつけるようにとテレビや新聞で報じられています。
集団生活を送る幼稚園や保育園、小学校等などでも注意が呼びかけられています。
子供を持つ親としては十分に気をつけるのですが、O-157で亡くなったと
いうのは非常に悲しい話ですね。みなさんも十分な注意が必要になっている季節
がやってきています。特に小さな子供がいる家庭は気をつけてください。
我が家にもまだ幼い子供がいるので注意をしていきたいと思います。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社
国際ジャーナル

国際ジャーナルのニュース パンの種類が半減

新聞に載っていた記事なのですが、製パン最大手の山崎製パンは6月17日に、
パンや和菓子、そして洋菓子など、東日本大震災の発生前には計1800品目以上
あった商品を1000以下にほぼ半減される方針を明らかにしました。
震災対応で築いた主力品中心の効率的な生産体制を維持するということです。
震災のために一部製品の生産を休止している企業は多いのです。テレビでも報道
されていました。今回発生した東日本大震災では数多くの企業に影響が出ていると
いう話を聞いた事があります。
被災地で生産していたものなどが作れなくなってしまったという話もテレビで
聞いた事があります。本当に大きな震災だったのです。


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社
報道ニッポン

国際ジャーナル 月刊誌 最近、芸能人の事故が多いですね。。

芸能人の方が運転する車の事故の報道が目立ちませんか?



大きな事故には繋がっていないようですが、現王人の方のおこす事故は

大きく報道されますし、テレビ番組の収録にも支障が出ているみたいですね。




何人もの芸能人に対し、付き人は一人。

当然、つきっきりで対応はできませんので、芸能人の方は単独で行動。

また、テレビ局も制作費削減の関係で、送迎用の車を手配できないケースが増えていて、


撮影が深夜になってしまうと、始発電車を待って帰宅する芸能人の方もいるようです。


芸能人に方の側からだと、男女交際菜などプライバシーに関して知られたくない部分を、


車を利用することで解決している、という部分もあるみたいですね。



普通、一般の人ならば知られないような事故でも、

マスコミのに取り上げられてしまうのが芸能界。

交通安全の顔になることもある、芸能人の皆さんなので、

くれぐれも事故に関しては、注意をして欲しいと思いますね!

国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社
国際ジャーナル

国際通信社 コマンドマガジン 岡本夏生さんが現役引退を否定

タレントの岡本夏生さんが6月14日に、東京都内で行われた映画のイベントに
登場しました。この様子は新聞やテレビでも報道されていました。
岡本さんの姿は、真っ白なハイレグとハイヒールでした。
岡本さんには「現役引退」のうわさが流れていたようですね。テレビで報道
されていました。本人の口から「現役引退はありえない」というコメントが
出ました。いつの時も笑顔で明るい岡本さん。被災地に訪問している様子が
テレビで放送されていましたが、被災者のみなさんが岡本さんと一緒になって
大声で笑っている様子が映っていました。多くの人を楽しませて明るくさせる
岡本さん。今後も多くの人を笑顔にしていただきたいですね。


ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
現代画報
報道通信社

国際ジャーナル ゲーム 宇宙飛行士の古川さんと児童が交信

現在、国際宇宙ステーションに長期滞在しているのが、日本人宇宙飛行士の古川聡さん
です。テレビや新聞でも大きく報道されているようにも思うのですが、この古川さん
が6月21日に、熊本県南関町の小学校に集まった児童たちとアマチュア無線で、約
6分間交信したのだそうです。古川さんは宇宙から見える東日本大震災の被災地に触れ
たそうで、「力強く復興する様子が見たい」ということを話したそうです。
子供たちにとっては非常に貴重な体験だったのではないでしょうか。まさか、今、
宇宙にいる人と話をするというのは考えられないことだと思うのです。それが現代では
会話をすることができるというのがとてもすごいことだと思います。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン

国際ジャーナルのまとめ 消費税率の引き上げ

政府・与党は6月17日の午前、社会保障と税の一体改革を競技する成案決定会合を
開いたそうです。これは新聞に載っていました。そして一体改革の最終案を示しました。
2015年度までに段階的に消費税率を10パーセントに引き上げる方針を揚げて、
地方自治体の財源確保やデフレ脱却への努力に配慮する考えを新たに加えたのです。
民主党や国民新党による最終調整を経て、6月20日に一体改革の成案をまとめたい
考えだということです。
消費税があがるというのは、国民の生活にとって非常に厳しいことになるように
思います。今から「いつあがるのか」と不安でなりません。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報社
報道ニッポン

国際ジャーナル・現代画報を確認 高校生たちが、街を守る

ある高校では、住民から「地域に不審者がいる」と話を聞いたのをきっかけに、サッカー

部が放課後の練習時間を使ったパトロールを発案しました。
練習がない日などを除いてほぼ毎日、部員40~50人から1グループになり、学校の周辺約
3キロを巡回するそうです。拍子木を鳴らしながら「ご用心、地域の安全守ろうよ」と呼び
かける部員の姿に、地元の町内会長は「貴重な練習時間を割いて協力してくれて、大変あり
がたい」と話しています。

また、露出行為をする不審者の被害が十数件相次いだ高校では、放送部
が防犯DVDを製作中だといいます。部員が署員に対処法や発生状況を取材して、完成すれば
校内などで上映したいということです。

これだけ大勢の学生が、一丸となって街を守るというのは非常に良いことなのではないかと思い
ました。今の時代、安心して街を歩くことができないという状況になっていると思います。
自分が犯罪に巻き込まれるということも他人事ではないのです。学生たちには、クラブ活動や
勉強があると思うので、しょっちゅうはパトロールが出来ないかもしれませんが、パトロール
をする若者がいるというだけで、守られているという気になりました。でも、油断は禁物です。




日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社
報道通信社

ブラックホークとは?国際通信社 世界一車高の低い車

新聞に載っていた記事なのですが、岡山県浅口街にある高校の生徒たちが製作した
車高45.19センチの電気自動車「MIRAI」が「世界一車高が低い車」として
ギネス世界記録に認定されて、6月6日に高校内で認定証が披露されたそうです。
この車は半年で完成させたのだそうです。ドイツ車が持っていた48.26センチ
という記録の更新を狙ったということです。
生徒がひとつになって協力し合ってひとつのものを作るというのは、いつになっても
素敵なことだと私は思います。子供の頃はそのような機会が多々あるように思うの
ですが中学、高校にもなるとなかなか機会がありません。
新聞を読んでいてとても新鮮に感じました。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社
報道ニッポン

ブラックホークとは?国際通信社 原発地下水からストロンチウム検出

東京電力福島第1原発敷地内で先月18日に採取した地下水から

放射性ストロンチウムを検出したと、

経済産業省原子力安全保安院が発表しました。

地下水からの検出は、はじめてだそう。



しかし取水口付近の海水からは、最大時国が規定した濃度限度の

240倍にも上るストロンチウムが検出されています。

もちろん、海に漏れ出た高濃度の汚染水が原因。

原子力安全保安院は、魚介類で大きな値にはならないと思うが、

注意深く監視する必要があると言ってますが、何を根拠に大きな

値にならないと言えるのかがわかりません。


日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際通信社
国際ジャーナル

ザヒューマンで読む最新記事 節電対策に頭を抱える場所

新聞に載っていた記事ですが関西電力の節電要請を受けて、府内各地で今夏の
節電対策をめぐる動きが本格化しているそうです。家庭での節電対策を促す商戦が
活発化する一方で、夏休みの集客を狙うレジャー施設や夏期講習を行う学習塾などは、
快適さの確保と節電の両立に頭を悩ませているということです。
確かにレジャー施設や塾というのは、夏場は快適な環境だからこそ利用する人が
いて、そして勉強がはかどるというものです。
その上で節電対策を言われると、さすがに難しいかもしれませんね。
どのような対策を考えていくのでしょうか。


大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社
国際ジャーナル

フェイスブックで国際ジャーナル ブラジャーと乳がんの関係。

 2010年5月5日、ブラジャーを1日12時間以上着用する女性は、全く着用しない女性と比べ、乳がんのリスクが21倍も高くなることが米国立がん研究所の研究でわかったそうだ。乳がんだけではなく、乳房の病気全般にかかりやすいとのこと。
 形が崩れるのを気にして、つけたまま寝る人は私の周りにもいるが、私はつけないで寝るので、それさえも信じられない。さらに病気になりやすいとすれば、これからはやめたほうがいいことを伝えようと思う。この調査の中でさらに、世界の女性の約80パーセントがサイズの合わないブラジャーをつけていると指摘している。これはほとんどの友人、そして自分自身が当てはまることである。きちんとしたランジェリーショップに行ってサイズを測ってもらい、自分に合ったものを購入するのが一番理想であるが、なかなか難しい。何より価格が高いのだ。そんなことを言っているから、ますます形が崩れていって、年をとったときは見るも無残になっているのであろうが・・・。
 やはり年をとって、垂れてきたと感じる。仕方ないとは思いながらも、鏡に映すと少々ショックを隠せない。そろそろお肌も限界を感じているので、きちんとしたケアをするように心がけようと思いながらも、価格のことで躊躇してやめてしまっている。きちんとしている人はきっとここ数年で差がついてしまうのであろう。
 しかし、年をとるのは自然の摂理だ。言い訳のようであるが、自然に任せて生きたいと思ってしまう自分もいる。化粧も嫌いだし、コンタクトもキライで眼鏡だし、女子力ゼロだが、それでもナチュラルに生きたいと思ってしまうのはいけないことであろうか・・・。

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道ニッポン
現代画報社

ブラックホール・月刊・国際通信社 夏のボーナス、上昇?!

暗い話題ばっかりの経済かと思いきや、日本には明るいニュースもありましたよ!というのも、なんだか今年の夏のボーナスは上昇する見込みが出ているのだとか。2011年の夏のボーナスに関する調査に寄れば、東証1部上場企業を対象としてはいるものの、平均妥結額(単純平均)は前年夏に比べ2.4%増(1万5522円増)の66万2832円だそうで、2年ぶりに前年実績を上回る結果になったのだとか!ボーナスが増えても、貯蓄に回すという家庭も多いかもしれませんが、それでもやっぱり増えたらうれしいのが夏のボーナス!早いとこ世界の経済もまた安定してくれれば、いうことはないのですがねえ~!

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
現代画報社

国際通信社のネットのインタビュー 話題のスカイツリー、平日オープン

開業は、2012年5月22日と発表された東京スカイツリー。

開業日が平日なのは、スカイツリーやその周辺の混乱を避けるため

だそうです。



最初の1ヶ月半は、混雑回避のために事前予約者のみ入場が可能で、

その場合、第2展望台まで行くには日時指定料500円が加算されます。



気になる金額ですが、第1展望台は大人2000円、第2展望台まで

上がるとなると追加料金プラス1000円ですので、開業1ケ月半の間

は第2展望台まで大人1人3500円かかる。



果たして混雑は予想されるのでしょうか・・・


ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社
報道ニッポン

ビジネスの月刊誌国際ジャーナル マルモのおきて

今、放送されているドラマで注目を集めているのが「マルモのおきて」というドラマ
だと思います。俳優の阿部サダヲさんと子役の芦田愛菜ちゃんがダブル主演する
ドラマだと紹介されていました。
そして6月5日には第7話が放送されたのですが、初回放送から過去最高となる
最高平均視聴率16.1パーセントを記録したことが分かったのだそうです。
このことは新聞記事に載っていました。
そして小学生らの間で今、大ブームとなっているのが踊るエンディングテーマの
「マル・マル・モリ・モリ!」。この放送部分が瞬間最高視聴率を獲得している
ということです。
みなさんは何かドラマを見ているでしょうか。暖かい気持ちになれるドラマも
素敵だと思いませんか。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社
現代画報

月刊誌・国際ジャーナル 演劇

演劇という場で、自分とは異なる人物を演じるというのは面白いものだと思います。テレビを
通じて様々なドラマが放送されていますが、見ていると「この人は本当にこのような性格なの
ではないか」と思い込んでしまいます。私自身は、そのような素質は全くないと思っています
が、異なる人物を演じることで、様々な人の気持ちが理解できるような人間になるのではない
でしょうか。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル
国際通信社

月刊誌・国際ジャーナル 24時間テレビの総合司会

今年3月末で日本テレビを退社したフリーアナウンサーの羽鳥慎一さん。
そして今年の夏に放送されるのが「24時間テレビ」だと思います。
羽鳥さんが今年の24時間テレビの総合司会を務めることが明らかになった
そうです。テレビでも本人の口から説明されていました。
今年のマラソンランナーは、昨年まで長年総合司会を務めてきた徳光和夫さん。
徳光さんがランナーでの参加ということになったためなのでしょうか。
今年はどのような24時間テレビになるのでしょうか。
毎年感動する場面が多く、目標に向かって努力している人の姿を見ると
私が勇気や元気をもらっています。
ぜひ、今年も感動や元気を与えてくれる番組になってほしいですね。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道ニッポン
現代画報社

月刊誌・国際ジャーナル 菅首相の挙げた政策の具体化

菅総理大臣ですが、先日参加したフランスのドービルにおける主要国首脳会議の
閉幕の会見で、西暦2020年代のできるだけ早い時期に、電力量に占 める太
陽光発電などの割合を20%に引き上げるなどとした今後のエネルギー政策の基
本方針を発表しています。この実現がどのような形で具体化され るのか気にな
るところです。この目標の実現に向けて、民間資金も積極的に活用していきたい
という考えを示しているそうなので、これからの成り行き に注目です。





報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道ニッポン

国際ジャーナル 復興における医療体制の強化が必要

復旧作業が続く福島第一原子力電所ですが、厚生労働省が、全国の労災病院の医
師を東京電力福島第一原子力発電所に派遣しています。これは、復旧に 当たる
作業員の健康管理を24時間行う態勢を整えるための対応です。今のところ九州
の大学病院から派遣された医師が作業員の診察などを行っていま すが、交代要
員が少ないという事もあり、さらに医療体制を強化することを目的として行われ
ています。作業員の健康維持に役立ってほしいところで す。




報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社
現代画報

国際ジャーナル 民主党の分裂の始まりか?

菅内閣に対する不信任決議案は、衆議院本会議で採決が行われています。その結
果として、民主党から2人の議員が賛成票を投じていましたが、結局の ところ
は賛成152票、反対293票の反対多数で否決されています。賛成する方針
だった民主党の小沢元代表や小沢氏に近い議員の一部が採決を欠席 していま
す。鳩山前総理大臣は反対していますが、これから民主党内においては、菅首相
の後継者選びについてどのような動きになるのか注目です。





国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル
国際通信社

ザ・ヒューマンの経済誌 民主党、次は内部辞任でしょうか

鳩山元首相、菅首相が早期退陣に応じない場合は、

両院議員総会を開催して、管首相に辞任を求めて

いくみたいです。

両院議員総会というのは、党所属議員の3分の1の

署名があれば開催できるそう。

鳩山しとしては約束を破った、管首相を許せないの

でしょうね。



しかし、管首相は民主党内でも孤立した感じになった

ともいえますので、両院議員総会は開催できそうな

気がします。



鳩山さんの目処とは、2011年度第2次補正予算案の

編成が決定した後ぐらいでしょうか。


ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報
報道通信社

ザ・ヒューマンの経済誌 中東の民主化に対する意見の相違

主要国首脳会議は、2日間の日程を終えて閉幕していますが、話題となったの
が、中東の民主化に対する動きです。会議では中東各国の民主化の動きを 一致
して支援することを打ち出しています。また、政権が市民の弾圧を続けるシリア
に対しては、一致している動きはとれなかった模様です。これは欧 米諸国とロ
シアとの間に意見の隔たりがあるところがポイントになっており、今後、各国が
いかに結束して民主化の流れを後押ししていけるのかが重要 となりそうですね。





国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社
国際ジャーナル

ビジネスと国際ジャーナル シリアのデモの今後はどうなるのか?

シリアのアサド政権が市民を武力で弾圧していることに国際的な非難が高まって
います。シリアの首都ダマスカスの近郊などでは、軍や治安部隊がデモ 隊に発
砲しています。これによって、少なくとも8人が死亡する状況になっており、現
地の緊張が高まっている状況です。アサド大統領の退陣を求める のが、市民の
デモの要求ですが、これは他の中東諸国の動向と同じであると言えます。国内の
ほぼすべての都市で大規模なデモが行われており、今後も 注目です。




21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社
報道ニッポン

現代画報・国際ジャーナル・取材 震災の影響で、ひったくり急増

東日本大震災直後から、東京都内で空き巣が減少する一方で、

ひったくり事件が急増し、2カ月で約330件に上っていることがわかりました。



計画停電や節電の影響で、街灯が消えて暗がりが増えていることも関係しているよう
ですが、

被災者支援の募金箱を盗むなどの悪質な犯罪は後も絶たないとのこと。



反対に、空き巣などの侵入盗は減少傾向。

これは自粛ムードなどで留守宅が減った上に、地震や東京電力福島第1原発事故でを
うけ、

外国人窃盗グループなどが相次いで帰国している影響があるとみられています。










国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
現代画報社
報道ニッポン

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル 浜岡原発5号機、原子炉内に海水

浜岡原発5号機は、廃炉になりますか・・・



5号機の主復水器の海水流入トラブル、約400トンと推定される流入量のうち、

5トン程度が原子炉圧力容器内に入ったようです。



通常ならば、主復水器内の水と海水が直接触れ合うことはないのですから、これは

あきらかに原発の管理がきちんとされていなかった、ということになるでしょう。



しかし、何事もない時に発覚して、まだよかったのかもしれません。

もし、震災の最中にこの問題が発覚していたら・・・



多くの国民は電力会社の信頼性を、まったくなくしてしまったでしょう。




国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社
現代画報

ザヒューマンで読むビジネスチャンス 避難の状況を一刻も改善してほしい

これまでの震災の動きを受けて、政府がいつ対策をだすのかという点が気になる
ところでしたが、最近、全閣僚による原子力災害対策本部を開ていま す。これ
によって、福島第一原発の事故による被災者の支援のための当面の取り組み方針
を出しています。支援策をまとめた工程表も決定されています から、これから
この方針に従って復興が行われると思います。避難を続けている住民のために
も、一刻も早い復興を実現して欲しいと、本当に思いま す。



日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報
報道通信社
フリーエリア
プロフィール

手紙。。。

Author:手紙。。。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアa
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。