スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社 今回のドラフトが示した国際化への問題点

先日行われたプロ野球のドラフト会議ですが、これは今後の日本野球界の行方を
考える上でも、重要な会議になったのではないでしょうか。今年のドラフト会議
の目玉は、なんといっても岩手・花巻東高の菊池雄星投手です。菊池選手につい
ては、ドラフト開催前に、大リーグの球団とも面会をしています。最初は日本か
アメリカか決めかねていました。結果的には日本のプロ野球へ進むことを希望し
て、西武ライオンズが交渉権を獲得しています。もし日本のドラフトを拒否した
場合はどうなるのでしょうか。この場合、外国の球団を退団しても、高卒は3年
間、大卒・社会人出身は2年間、国内球団と契約できないという規約が去年作ら
れています。しかし、この規約はかなり懲罰的な内容です。最初は大リーグに
入ったが、その後日本に戻りたくなった選手も、この規約では戻ってくることは
できません。日本のアマチュア野球界が、アメリカ大リーグの草刈場になるのは
問題ですが、もう少し現実に即したルール作りが必要ではないかと思います。国
際化という観点から、国際通信社などのマスコミにおいても、このようなテーマ
をもっと考えるような記事を読んでみたいと思います。とにかく、菊池選手には
頑張ってもらいたいですね。





国際ジャーナル 取材 報道ニッポン 取材 現代画報 取材 国際通信社 取材 報道通信社 取材 現代画報社 取材
国際ジャーナル 取材 報道ニッポン 取材 現代画報 取材 国際通信社 取材 報道通信社 取材 現代画報社 取材
国際ジャーナル 取材
報道ニッポン 取材
現代画報 取材
国際通信社 取材
報道通信社 取材
現代画報社 取材
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

手紙。。。

Author:手紙。。。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアa
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。