スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナルからの取材 父親の子育て

雑誌「現代画報」では、以前に「育児」に関する記事が紹介されていたように思います。
「育児」は、女性がやるもの・・・と思われている人が多いのではないでしょうか。
女性自身も「私が育児をしなければ」という考えの人が多いかもしれません。

ここ最近、子育てに積極的な父親が増えているようです。ですがその一方、男性の育児休業取得率は
低迷しているそうです。男性が自然な形で子育てに参加するアイデアを盛り込んだ本が出版されまし
た。「パパルール」という本です。この本を出版したのは、ある短期大学の41歳の教授です。この男
性は、育児休暇を取得したことがあるそうです。そういった経験から父親の子育てをどう考えるかを
本にまとめたそうです。

父親が子育てに関わる意義・・・この男性は、5つのことが幸せになると話しています。まずは、子供。
子供がより豊かに育つには、色んな人がいて色んな価値観があることを知ることが大切だと話して
いました。父親が子育てに関わることで、少しはそれを伝えられます。次に母親。今は、母親が一人
で子育てをしている状況です。それが育児不安や児童虐待の一因になっています。母親にとって、夫
が自分の苦しさをわかってくれないことが一番つらいとのことです。3番目は父親自身。仕事中心で
は生き方の幅が狭いと思います。子育てをすることで、忍耐や柔軟性を学べ、人間としても成長でき
ます。そんな父親達が働く企業にもメリットがあるのではないか・・・と話していました。
省略しますが、最後に社会。子供がより豊かに生きていける社会は誰にとっても豊かと言えるそうで
す。

現代の状況は、民主党政権になって「子供手当て」など、ようやく子育て支援が議論の場に上がった
ことは歓迎したいと思います。ただ、経済状況や雇用情勢が悪化して父親の子育てを口にしにくい
雰囲気があります。子供は母親だけのものではありません。父親がいて、母親がいて子供は幸せだと
思うのです。この世の中が、父親も母親も関係なく、育児に参加できる時代が来たら喜ばしいことだ
と思っています。


games.awe.jp
現代画報社「ゆるキャラ」は日本経済の救世主になり得るか?
oscar.coresv.com
現代画報 広がる少子化問題 現代画報社
国際通信社を読む、続・取材
報道ニッポン―草花からのシグナル・報道通信社
国際ジャーナルの取材・・
国際通信社.com|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報

発行部数が3万部以上です。評判の雑誌による取材をうけませんか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

手紙。。。

Author:手紙。。。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアa
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。