スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループ 回想法

国際通信社から発行されている雑誌には、高齢者に関する記事が様々な内容で取り上げられ
ているかと思いますが、ある新聞ではここ最近、高齢者の「認知症」に関する記事が大きく
取り上げられているのです。
その記事を読んでみると、高齢者が昔の思い出や自分の人生を語ることで認知症予防に効果
があると期待される「回想法」が紹介されていました。これは福祉施設だけではなく、地域
や家庭でも活用すれば、高齢者が周囲との交流を深めるきっかけになるそうです。

この回想法は、米国で盛んになった心理療法で、日本では1990年代から本格的に研究が行われ
たものだそうです。この10年ほどは、認知症予防の効果を期待されて、福祉施設などで取り入
れられてきました。

家族同士で昔の話を聞いてみる取り組みもお勧めだと言われています。回想法の普及活動を行
うNPO法人シルバー総合研究所の理事長は「自宅にある古い写真などを用意すれば、昔の事が思
い出しやすくなり、家族同士でも気軽に回想できる」と新聞のインタビューに答えていました。
洗濯板などの古い生活用具や、お手玉のおもちゃも、手に取った時に記憶を呼び起こしやすい
のです。

また、別の専門家の話では「幼少期の話を親に聞く事を勧める」そうです。「記憶がほとんどな
い時期の話を聞く事で、子供や親の苦労を知り、親は子育てを振り返って自分の役割を改めて肯
定できる」と話していました。

「認知症を予防したい」「認知症を予防させたい」と思っている人は多いのではないでしょうか。
ほんの些細な事でも、昔の思い出をよみがえらせることによって、脳に刺激を与えるのかもしれ
ません。家族が協力できる一番簡単な方法かもしれませんね。


ますだの現代画報
報道通信社・報道ニッポンで知るチーム・マイナス6% 国際通信社 発行部数が3万部以上 今、評判の雑誌って? 取材 現代画報社 現代画報 現代画報社 国際通信社って 振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい! 報道通信社 取材 放置自転車の撤去で・・・|飛躍!報道通信社の日記 刑法 現代画報 報道通信社 国際通信社グループ 民法 掲載料 取材費 国際ジャーナル タレントがインタビュアーになり取材します 大阪 東京 国際ジャーナル 国際通信社 報道通信社 報道ニッポン 取材商法とは? 報道通信社 アイスランドの名前|報道通信社の取材 現代画報と取材 アトピー薬の塗り方が重要 - 国際通信社のネタ 報道ニッポン 掲載料 名古屋 国際通信社グループ 商法
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

手紙。。。

Author:手紙。。。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアa
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。