スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社 最も重い枷

今月初め、「基本的法制度に関する世論調査」が発表され、死刑制度を85.6%が容認するという結果が出ました。また、法務省は殺人罪などの時効廃止を盛り込んだ改正案を今国会に提出する予定です。刑事訴訟法改正案に関しては、国際通信社の雑誌で取り上げるんじゃないかなと思います。国民が注目し、戦々恐々としている裁判員制度で裁判員が扱う審議は、刑事事件だからです。
命は命によってのみ相殺されるという考え方は、ある意味正しいかもしれませんが、死刑が加害者にとって最も重い刑になるのかどうか本当のところは誰にも分からないような気がします。日本には終身刑が無いので、死刑の次に重い刑は無期懲役です。無期と言いながらも、実際には矯正の末仮釈放が認められれば社会復帰する可能性があります。実際に年に何人かは仮釈放されています。時効も同じこと。時間が経ってしまえば法律上の罰を与えることは出来ません。
終身刑が実現しないのは、一生という長い刑期のせいで受刑者が自暴自棄になり人格が崩壊するのを防ぐため、荒れた受刑者を監督するのは非常に困難であるため、受刑者にかかる経費を軽減するため、などなど。。加害者の人権擁護と刑務所側の金銭的人的負担への配慮、
この加害者を中心に考えられた日本の刑法に対して、被害者遺族は憤りと悲しみを抱えたまま苦しまなければならない。被害者を想って苦しみ続けるのは、本当は加害者ではないのではないでしょうか。最も重い枷をかけられるのは残された遺族なのかもしれません。





国際通信社Booksブログ
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年4月号のご案内 | 国際通信社 占いジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン ... 取材しました 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 取材です 報道通信社 みんなの空間 | 報道ニッポンとの巡り合い G 東京 取材します 現代画報は現代画報社から出版されています Y 報道ニッポン 商法 評判の雑誌って? 国際ジャーナル 掲載料 報道通信社 取材 大阪 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 発行部数は約3万部 国際ジャーナル的つぶやき 現代画報 刑法 タレントがインタビュアーになり取材します 名古屋 民法 国際ジャーナル 現代画報 グラビア 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループ 取材 報道通信社 取材
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

手紙。。。

Author:手紙。。。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアa
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。