スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代 現代画報社 鳩山氏、普天間移設で「迷走していない」発言

何か、虚しさ以上のものを覚える発言です。5月末の期限は、この期に及んで「移設先を決定すること」などとよく言えるものである。ただ、この人の発言からは、小沢幹事長のような裏のある腹黒い発言と見えない所が問題である。幼稚園児のような無邪気さがある。最高学府を卒業された方とは全く思えない発言で、まるで、小さな子どもが言葉の語彙不足で適切な表現ができなかったことに対して、悪気もなく次のときには違う表現をしているかのようである。幼児が幼児たる故に、強い非難を浴びないでいるかのようである。
麻生前首相のときは、やれ漢字の読み間違いなどと低レベルな非難をしたマスメディアの批判もあまり大きく聞こえてこない。麻生首相の漢字の読み間違いを批判したマスメディアには、この論理のすり替えを追求することは面白みがないとでも考えているのだろうか? こちら方がはるかに大きい日本語表現の間違いである。決して迷走していないと主張する鳩山首相は、瞑想して何もせず、マスメディアも迷走して沈黙している。ともに国家の行く先を危うくしている。
---以下、共同通信引用要約
鳩山由紀夫首相は決着期限まで1カ月となった米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し「決して迷走しているとか、そういう話ではない。最終的に国民の皆さまに理解をいただくことを行っていきたい」と述べた。同時に「5月末までに移設先を決定することを私から言った。沖縄県民とか、移設先になる可能性がある地域とか米国とか、それぞれの考え方が当然ある。それに基づいて政府案を今つくり上げている」と強調した。




報道通信社・報道ニッポンで知るチーム・マイナス6%
国際ジャーナルを手にして 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

手紙。。。

Author:手紙。。。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアa
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。