スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社 決着する日は来るのか

普天間移設問題、5月末の決着を固辞したいという首相のコメントが連日のようにニュースで流れてますね。「沖縄の負担を軽減させるべきである」これは国民全員が良く分かっていることではありますが、誰もその負担を自分が被ることに「yes」と言えないのが現実です。日本各地の米軍基地に訓練演習を分散させることは「みんなで負担を受ける」という意味にもっとも近い答えなのかなとも思えます。そうなった場合、基地問題はさらに複雑化する恐れもあるでしょう。基地そのものについては、沖縄以外のどこに十分な代替施設を建設運用できるかなんて、アメリカだって思いつきもしないでしょう。
5月末の完全決着が不可能だったとして(まあ ほとんどの人が無理だとは分かってますが)、何らかのアナウンスを国内外アメリカにしなくちゃいけないわけです。目下の注目はそこにありますよね。国際ジャーナル現代画報あたりで、そこのところの裏側についての取材をされて
いるでしょう。一主婦が報道というフィルターを通して見ている限りでは、あの「腹案」というヤツがどうにも信用ならない。ギリギリまで明確な提案も申し入れも無しに、「徳之島のみなさんには多大なご迷惑を・・」っていきなり謝られても、「何しに来たんだ!」ってなりますわな。
それに何より、この5月決着にこだわっているのが鳩山首相だけのように見えてしまうのが、頼りない。連立の社民と国民新党がグダグダ言うのは仕方ないとしても、民主党員があっちこっちであーでもないこーでもないと足をひっぱる姿は、本当にうんざりします。内閣一丸となって解決しようっていう気概が感じられないですよね。「基地は要らない」って言えたらいいのに。。簡単にはいきません。。



press-blog.org | 現代画報 | 現代画報社
報道ニッポンを求めて
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

手紙。。。

Author:手紙。。。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアa
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。