スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の国際ジャーナルの対談取材 タイムカプセルの存在

大阪府の松原市内にある小学校を1991年3月に卒業した卒業生たちが、
小学校の校舎脇に埋めたタイムカプセルを7月4日、19年ぶりに掘り出し、
開封されたそうです。新聞で紹介されていました。

卒業生129人のうち52人とその家族、そして当時の校長や担任教諭など
が集まって再開を喜びながら当時を懐かしんだのです。
卒業生たちは「2010年再会を期して」と刻んだ石碑の下から、スコップ
などでステンレス製の箱を掘り出すと、中から当時の教科書や卒業生たちが
書いた作文、手紙などが出てきたのです。残念ながら、流れ込んだ水で濡れた
状態ではあったそうですが、卒業生たちは手紙などを乾かしながら読みあって
いたそうです。

現在、針きゅう師の職に就いている女性は、作文に「夢はバラエティーアイドル」
と書いていたそうです。「懐かしいけど、全然違う今に少し恥ずかしいですね」
と新聞取材で話していました。また、流行したアニメのカードを同封した会社員
の男性は「何を入れたか覚えていなくてびっくりしました」と笑顔で話していました。

私自身はタイムカプセルを埋めた記憶が全くありません。タイムカプセルを提案
した人もいなかったように思います。タイムカプセルを埋めるときは多くの夢を
詰め込んでいたのでしょう。タイムカプセルを開けたみなさんが本当に羨ましく
思います。


fashiondc.xrea.jp
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年8月号のご案内 | 国際通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

手紙。。。

Author:手紙。。。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアa
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。