スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校での猛暑対策

衰えをなかなかみせない「猛暑」。猛暑と呼ばれる日が連日続く中、子供たちは
2学期を迎えました。多くの学校が9月1日に始業式を迎えたかと思うのですが、
テレビのニュース番組を見ていると、ほとんどの子供たちが教室の中で汗を流しながら
夏休みの宿題を提出したり、先生の話を聞いたりしているのです。

学校側としてはこの猛暑への対策に追われているのだそうです。
猛暑が原因で子供たちや先生が体調をくずしてしまってはとても悲しいことになります。
学校によっては、細かい霧を噴射する「ドライミスト」発生装置を備え付けたり、
扇風機をかき集めたりして「涼しい教室」の確保に頑張っておられるようです。
しばらく続くとみられる暑さをにらんで、運動会を延期する学校も出てきているようです。

学校によってはドライミストを設置した・・・ということですが、保護者からは「勉強が
なかなかはかどらず、熱中症も心配」という声が相次いでいたそうです。保護者の声も
聞きつつ、設置したのだと思うのです。ですが、多くの生徒が「やっぱりエアコンが
いいなぁ」と本音を話しています。
私の子供は公立幼稚園に通っています。公立だから・・・という理由ではないのかもしれ
ませんが、扇風機のみの設置です。扇風機を回し、窓を全快にしている状態ですが、親と
しては本当に心配で、熱中症や脱水症状などの体調不良が起きないかどうか、毎日気になり
ます。
こういったところに予算をもっていくことも必要だと思うのです。熱中症は一歩間違えると
命にかかわるとテレビで聞いたことがあります。大事な生徒を守ってあげて欲しいですね。


現代画報社
報道ニッポン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

手紙。。。

Author:手紙。。。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアa
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。