スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊現代画報 久慈川の流氷

奥久慈・・・



茨城県の観光名所の「袋田の滝」がある場所として有名なところです。



「袋田の滝」



日本三名瀑のひとつに数えられていますね。

高さ120m、幅73mの大きさを誇り、大岸壁を四段に流れることから、別名「四度の滝」とも呼ばれています。



私も数回、袋田の滝に訪れた事があります。

袋田の滝へ続く一直道には、川を横目に店が立ち並び、アユの塩焼きを堪能♪



四季折々、美しい景色を眺める事ができますが、冬のこの季節に見るできる凍結した滝は本当に神秘的です。

その凍結した滝を、ピッケル片手にアイス・クライミングを楽しむ姿も!

今年はというより、今!凍結しているみたいです。

今週は暖かくなる予報なので、凍結が見られるのは、今日明日が勝負なようですが・・・



そして、「袋田の滝」がある、大子町の久慈川で、流氷が今年もみれるそうです。



流氷と言えばオホーツク海の流氷を想像しますし、川で流氷?と考えてしまいますが(笑)


久慈川の流氷は「シガ」と呼ばれ、冬の名物。

久慈川では、-3.5℃になると現象が起き始めます。

夜に川底でつくられた氷が、朝になり水温の上昇とともに水面に浮いたものがシャーベット状の氷が流れてくる。
これが、「シガ」です。

ですので、オホーツクで見るがっちりと硬い流氷とは少し違います。



シガと聞き、地方の言葉かと思いきや・・・



たしかに地方の言葉なようですが、日本人ならば誰もが知っている、あの歌の歌詞にも歌われている言葉なんです!



春になれば シガこも解けて
どじょっこだの ふなっこだの
夜が明けたと思うべな



そう!「どじょっこふなっこ」の最初の歌詞。

シガこも解けてです(笑)



面白い発見でした!!!

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

手紙。。。

Author:手紙。。。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアa
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。