スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 予測不能な計画停電

以前、雑誌「現代画報」にも「震災」に関する記事が載っていました。
阪神大震災が起きた時、「計画停電」があったでしょうか。
海江田経済産業相は3月17日に、厳しい寒さによる電力需要の急増のために、
3月17日の夕方から夜にかけて予測不能な大規模停電が発生する恐れがあるとして、
一層の節電への協力を産業界と国民に求める緊急のコメントを発表しました。
あるテレビ番組で、「被災された人たちのつらさに比べたら、計画停電は大したことない」
という発言がありました。確かに、被災された人たちは本当に毎日厳しい生活を送っている
ことだと思います。ですが「予測不能」というのは、パニック状態になるのではないでしょうか。
いつ停電するのか分からないのでは、停電に備えての準備等ができません。
私の知人も、毎日困っています。
せめて、事前に連絡がほしいものですね。


国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

手紙。。。

Author:手紙。。。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアa
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。