スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル・月刊誌・国際通信社 着物って結構ラク

現代画報に「普段着の着物」についての記事が載っていて、そういえば正月に着て以来だなと気づきました。3年位前にマイ着物ブームがやって来たのですが、忙しくなって着物で出かける心の余裕が無くなったせいもあって、正月ぐらいしか着なくなりました。まあ それでも正月にはなんちゃって着付けで自分で着ています。自分で着ると帯を適当な強さで締められるので苦しいこともないし。それに不思議ときつく締めなくても帯が身体を支えてくれるせいか、身体がラクチンなのです。補整用のタオルとかごちゃごちゃ入れたりしないし。ホントは入れる方が綺麗に着こなせるけど、どう考えても江戸時代のおかみさんたちがそんなアンコを入れたとは思えない(笑)。帯の結び方だって、貝の口とか文庫結びとかで、簡単に結んでいたような気がします。
着物が普段着にならない理由の一つは、手入れと収納方法が洋服と一緒にはできないということではないかと思います。洗濯機でじゃぶじゃぶは洗えないもんね~。総ポリエステルの着物は洗えるけど、正絹やら紬やらは基本的に洗わない。洗うときはクリーニング屋さんに任せないと恐いです。あと収納。洋服ダンスに一緒にはしまえないので、着物用の箪笥なり収納ケースが必要になります。広い家ならいいけど、やっぱり家具が増えるのは正直鬱陶しいですね。でも一番の理由は・・リサイクル着物だと身体に合うサイズがほとんど無いことです。流行のアンティーク着物は小さい!160cmのオバサンには小さいわ~。外人さんにはもっと小さいかも。とはいえ、箪笥の肥やしにするのはそれこそ勿体無い。今年は月に一度は着物デーとかつくろうと思います。





「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社
国際通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

手紙。。。

Author:手紙。。。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアa
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。