スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌ザヒューマンについて オリーブと二十四の瞳とソフトと

報道ニッポンの地域特集は小豆島ですね。小豆島というと、オリーブ、二十四の瞳の舞台、島の光そうめん、ごま油などが頭に浮かびます。観光地というイメージはあまりなかったのですが、どうしてどうして、観光が地域産業の要にもなっているんですね~。この時期なら、寒霞渓ロープウェイ が有名な紅葉スポットになっていますし、二十四の瞳映
画村には5万本ものコスモスが咲き乱れ、緑色のオリーブの実がたわわに実っているのを見ることが出来ます。島ならではの美しい夕日が見られるスポットもいいなあ。小豆島の中の一つの島である土庄町余島にある、干潮時だけに行き来できるエンジェルロードも面白そうです。
小豆島が全国一の生産量を誇るオリーブは、2008年に植栽100周年を迎えました。そんなに歴史があったなんて正直驚きです。小豆島産のオリーブオイル、すごく美味しそう。香りが良いんだろうなあ。特にエクストラバージンは美味しそうだわ。。200mlで4000円近くする。。高い(苦笑)。でも、貴重なエクストラバージンだから、これぐらいしちゃうんでしょう。オリーブの他に個人的に気になったのは小豆島オリジナルのソフトクリームです。オリーブソフト、しょうゆソフト、佃煮ソフト(!)。佃煮ソフトはシソ昆布の佃煮の煮汁が混ぜ込んであって、おまけに星形とかにくりぬいた昆布が添えてあるんですよ。ダイレクトに昆布!食べてみたい~!





先輩が購読している雑誌は初心者の方から分かり易く作られており、国際通信社 雑誌で紹介される企業は目を見張るものがあります。
日本の株式市場の代表的な株価指標の一でもある日経225には他の言い方もいくつかあるらしく、現代画報社グループの雑誌でも紹介されていました。
雑誌『現代画報社 ビジネス』は、創刊以来、企業経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 未来を切り拓くため、今後も価値ある情報提供と充実した経済活動を追求し続けます。
その方以外にも、友人の周囲で国際ジャーナル 雑誌を購入検討している最中の方も居るそうです。
現在は、少しずつ資格をとるため勉強に切り替えていくと話していました。
その車に乗って友人とフランキンセンスオフィスが売っているお店まで行くことも多いようです。
まだ自分の生活を豊かにする上で挑戦したい事は沢山あるようで、現在住んでいる所よりも職場に近く競売物件 大阪で探したいと考えているようです。
独特な60D 18–135の扱いは、キャノンならでは、といった趣きでした。
先輩の荷物の中にニコン D3100 200mmダブルズームレンズキットがあったので何が写っているのか尋ねると、北海道旅行の思い出が写っているのを見せてくれました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

手紙。。。

Author:手紙。。。
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリアa
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。